乱読サラリーマンのオリジナル書評

読書は教養を広げる、教養を広げれば、人生も豊かになる。そんな思いでブログを書き続けます!

【書評:キリンビール高知支店の奇跡】現場力とは何か

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)


心が変われば行動が変わる

ここでいう心とは意識のことです。
それでは、会社という自分の思い通りにならない集団生活で会社の成功に沿った方向へ意識を変えることは簡単に出来るのでしょうか。変えるのが難しい魔物を自ら簡単に変えられるのでしょうか・・・。例外を除けば普通の社会人の方々にとって答えは否である。決して大人の意識は簡単には変わりません。

だからこそ、会社において管理職というのは存在する価値がある。1人では簡単には変えられない人の意識を変えるフォローをする。そもそも会社というのは、どこにでもいる普通の人たちが営む集団であり、プロスポーツオールジャパンのような超一流だらけの集団ではありません。

 

本書では高知支店の成功を起点にキリンビールがシェアトップを奪い返すまでの熱いビジネスパーソンの軌跡を関係者の視点から書かれています。

 

元々キリンビールは、ライバルの追随を許さないビール業界のガリバーとして君臨していました。スーパードライの爆発的ヒットによりアサヒビールにトップシェアも奪われ、対抗策として、キリンの象徴的銘柄といえるラガーの味の変更も失敗となり、従来顧客にソッポを向かれます。

 

そんなとき営業拠点の長はリーダーシップとして何を目指すべきでしょうか?

 

一つ目は当たり前のことを当たり前にできる組織にする。そのためには、当たり前の行動を皆で共有し、コミットする。当たり前は顧客との接点の場と回数を増やすことになります。

 

次の取り組むべきは、目標となる結果を求めて現場の情報力と想像力を組み合わせて活かす。その結果、自律分散的な高度な現場力が発揮されることになります。

 

重要なことは、当たり前をできるようにする第一段階と自律分散的な組織となる第二段階の順序を変えないことではないでしょうか。ルール、コミットを守れない組織で個々の構成員が自分のアイデアのみで、勝手気ままに動いては、組織はまともな結果はでません。ただ甘やかされているだけの組織になることでしょう。

 

惜しむらくは、営業現場の変革にフォーカスした内容になっております。現場の責任者として本社と対峙した著者が本社に赴任した後に大企業であるキリンビール本社社員の意識変革までの取組までは、描かれてないのがやや残念です。

 

【書評:野望の憑依者(伊東潤著)】 悪党が滅びるとき・・・

野望の憑依者 (徳間時代小説文庫)

 

歴史小説といえば、戦国と幕末明治維新が、質量ともに抜きんでていますが、私は南北朝時代も好きです。しかしながら、この時代の歴史小説は僅かです。
鎌倉幕府を終焉させ、朝廷と武士が入り混じりながら、建武の新政を経て室町幕府を築く激動の時代を、歴史小説家の先生方には、もっとテーマとして取り上げてほしいと切に願っております。

 

南北朝時代の悪党といえば誰を思い浮かべるでしょうか、歴史観によって変わるでしょうが、朝廷に楯突いた足利尊氏鎌倉幕府政権に批判的な動きの楠木正成、はたまた後醍醐天皇を悪党と考える方もいるはずです。

本書は足利尊氏・直義兄弟とトロイカ体制を築き、足利政権樹立に導いた高師直を主人公に歴史ピカレスクロマンを鮮やかに描いてます。

悪党師直に、武力は劣るが政治の保守本流の直義、リーダーシップがあるのかないのかわからない(笑)尊氏。この3人を中心に物語は進んでいきます。

続きを読む

【書評:IoTまるわかり(三菱総合研究所 編】 つながったらどう変わるのか・・・ 

IoTまるわかり (日経文庫)

 

ここ数年のバスワードの一つである”IoT”とはなんでしょうか。
Internet of Thingsの略称であり、モノのインターネット化と抽象的に説明がつきますが、IoTで世の中の何が変わるのでしょうか?

あらゆるモノがインターネットに繋がる・・・2020年には世界中でインターネットに繋がるモノの数は500億個になるといわれています。それだけ沢山のモノがインターネットに繋がったら何がどう変わるのでしょうか・・・?


前よりある近接した概念で
M2M(Machine to Machine)がありますが、それとIoTとは何が違うのでしょうか。

素朴な疑問を持つことが、本質を知るためには一番重要なポイントです。本書はそんな素朴な疑問を持った方にこそお薦めできる書籍です。

 

本書では、IoTのエッセンスをあらゆるモノがつながることを前提に

①あらゆるモノからあらゆるデータを吸い上げ

②データを可視化して分析する

③分析したデータが他のデータやアナログ世界と共生する

④その結果新たな価値を生むこと

だと説いています。

私なりの凡人脳で考えると③と④の間のデザイン構想力がキーになるのではないでしょうか。デザイン構想力とは、他の分野に例えれば、食材を合わせて新たに美味しく魅力的な料理の品を考える技術などに通じるスキルにも思えます。


テクノロジーの進展により1人の人間が手にすることができるデータ量は飛躍的に伸びています。既に人の許容範囲を超えていると言っても過言ではありません。そのような中、IoTが進展した結果、手にすることができる情報が今よりさらに格段に増加することによって、人々の生活は変わるのでしょうか?

 

私の今の考えは、IoTによって直接的に我々の生活が劇的に変化するかといえばそれほど変わらないと思えます。ウェアラブル端末が伸び悩んでいることからも、スマホを使いこなしている先進国の人々は、これ以上の情報を受動態で受けいれる余裕はないかと思えます。


では、バズワード化しているIoTにはさほど有益な未来は無いのでしょうか?
IoTは生活ではなく、ビジネスでこそ活かされる技術だと思えます。企業の中での工場・物流など間接的に我々の生活を豊かにするシーンこそ有益に活用できるのではないでしょうか。ビジネスシーンでは、デジタル化、可視化された最先端データを駆使して生産性があがり、私生活ではアナログとデジタルを好きな時に使い分ける。そんな未来の生活を思い浮かべたくなります。

 

【書評:43回の殺意(石井光太著】 少年犯罪は時代を映す

43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層

 

 世を震撼させ、被害者、加害者共に未成年ということで大勢の方々が関心を寄せた川崎の殺人事件。気鋭のノンフィクションライターが、被害者である上村僚太君の父親(母親は取材拒否)から加害者の家庭環境を明らかにします。さらには被害者・加害者と知己のある同年代の少年への取材を通じ、本事件の残忍さだけではなく、社会の問題点を深く突きつけます。

 

離島で育ち、両親の離婚から続く家庭環境の変化により、川崎へ引っ越しした少年がなぜ事件に巻き込まれてしまったのでしょうか。また、被害者より年上とはいえ、同じく未成年であった加害者はなぜ、このような残忍な事件をおこしてしまったのでしょうか。

 京浜工業地帯の中心地で知られている川崎市生活保護の受給比率は全国平均と比較しても高く、さらに事件の現場となった川崎区はその比率が川崎市内でも抜きんでて高い結果となっており、住民が困窮している状況がみてとれます。その影響なのか加害者3人全ては社会への適用能力が低く、人とのコミュニケーションにやや難があったようです。


スマホSNSが少年にも所与となっている昨今、少年たちを取り巻くコミュニティや社会観は一昔前と激変しています。入ってくる情報の量は無限になり、昔であれば善悪の判断力が乏しい未成年へシャットアウトされていた情報も安易に目に入れることが可能となりました。入ってくる情報の多様性から考えて、「児童」や「少年」という言葉でひと括りにするには、もはや時代錯誤といえます。今まで以上に子供にも多様な性格、価値観があることを前提に若年者と寄り添う社会を構築しなければなりません。

 

少年の凶悪犯罪が世間を震撼させ、少年法の是非が問われ、刑事処分可能な年齢も低年齢化している今、大事なことは、少年犯罪の処分を厳罰化だけを論じるのではなく、国として判断能力の乏しい若年層にどのように判断能力を植え付ける策を考えるべきです。 

女性活躍と同時進行で進む共働き世帯の増加に、親の経済力からくる教育格差と若年者を巡る環境は一昔前とは大幅に変わってきています。 

 

公立小中学校における不登校の要因を厚生労働省が統計を出しています。

 

学校と家庭に関わる要因として

  1. 家庭環境 34.9%
  2. いじめを除く友人関係 25.5%
  3. 学業の不振 19.7%

いじめが要因の不登校は、なんと0.5%と少数派となります。

 

続いて本人に関わる要因では

  1. 「不安」の傾向がある 31.0%
  2. 「無気力」の傾向がある 30.7%
  3. 「学校における人間関係」に課題を抱えている 16.8%

 

驚くことに本人に関わる要因で「あそび・非行」の傾向があるとの統計数値は4.8%とこれまた少数派です。この統計数値からも少年犯罪のニュースだけでは伺い知れない複雑な背景があることが推測できます。


少年犯罪は起きた時代のダークな本質を映す鏡のようなものだと思えます。

加害者はちょっとしたことから殺人事件の前に被害者の顔が腫れあがるほど殴っています。しかし、その傷害事件の事実を地元で恐れる同年代のY兄弟たちに握られ、逆に脅迫されます。脅迫された主犯格の加害者Aは事件当日に僚太君を殺めてしまいます。

 

本事件が、世間の注目を浴びたのはその残忍性が背景にありますが、
被害者意識に凝り固まり殺人事件を起こした加害者、
もしくは外交的な性格ながら、複雑な家庭環境から、非行少年たちのグループとつるむようになり、殺人事件の被害者になってしまった僚太君。
この相対する2つの立場のどちらかに自分のパーソナリティを重ね合わせることで同心、同情が生まれてくるのはないのでしょうか。


親が、、、学校が、、、、政治が、、、などと、単一的にどこかに責任を押し付けるのではなく、今こそ社会全体で考え、日本の未来を創る少年少女を社会適応できる人材へと導く潮流を確固にすることが必要だと本書を読んで強く感じました。


【書評:生涯投資家(村上世彰著)】なぜ、コーポレートガバナンスが必要なのか

生涯投資家

 

著者はコーポレートガバナンスがさほど騒がれてない時期にファンドを率いて一世を風靡した村上世彰氏です。ライブドア事件阪神タイガースの上場問題などを鮮明に覚えている方も多いことでしょう。著者は本書では一貫して「コーポレートガバナンスと、その浸透による資金循環の促進こそが経済成長を促す策」だと言い続けています。

 
上場企業とは どのような役割を果たすべきなのでしょうか。

上場とは、株式が広く一般に売買されるようになることであり、上場企業は、株主や株を買おうとする人たちのために必要な情報を開示しなければならない。上場企業の経営者には、投資家の期待に応え続ける覚悟が問われる。思い通りに株主を選んだり、経営者が好き勝手に行うことはできなくなる。上場とは、私企業が「公器」になることなのだ。 (P22)

 

続きを読む

【書評:全員経営(野中郁次郎・勝見明著)】イノベーションとは?

 

全員経営 ―自律分散イノベーション企業 成功の本質

 

経済成長、企業進展にイノベーションはかかせません。シュンペーターイノベーションを以下の5つに分類しました。

①新しい財貨の生産 (プロダクトイノベーション
②新しい生産方法の導入(プロセスイノベーション
③新しい販路の開拓(マーケットイノベーション
④原料などの新しい供給源の獲得(サプライチェーンイノベーション
⑤新しい組織の実現(オルガニゼーションイノベーション

また、シュンペーターイノベーションは少数の人間がリーダーシップを発揮してイノベーションを創造するものと想定しました。


昨今はiPhoneなどのように、それまでのゲームルールを刷新するような破壊的なイノベーションがもてはやされています。

 

本書では、シュンペーター同様にイノベーションは、企業の成長に不可欠としていますが、イノベーションの発生プロセスは、少数のリーダーシップではなく、全員経営と紐づけています。実は世界を代表する企業である、Googleシスコシステムズイノベーション創出と企業発展のために全員経営へと舵を切っています。

 

続きを読む

【書評:サッカーと愛国(清義明著)】 スタジアムは社会の縮図なのか・・・

サッカーと愛国

 

世界で最も人気のあるスポーツはサッカーです。いっぽうでその事実は、世界で最も影響力の大きいスポーツともいえます。

実はFIFA国際サッカー連盟)にIOC国際オリンピック委員会)さらには国連これらの加盟国数をみると一番加盟国数が多いのが実はFIFAです。世界中の人を惹きつける磁力の源は何なのでしょうか。
 

人は本能的に対戦という魔物に惹かれます。さらには競技としてスタジアム内の試合そのものだけではなく、歴史的背景や文化を融合させることで、人はより一層惹かれ熱狂していきます。しかもサッカー専用スタジアムは観客と選手がいるグランドが近接しているのも他のスポーツにはない特質です。


また、通常他のスポーツでは応援者を「ファン」と呼ぶのに対し、サッカーでは「サポーター」と呼びます。通常サポーターは応援するだけではなく、チームへ意見を持ち、時と場合によってはチームを弾劾することもあります。

 

続きを読む

【書評:広島藩の志士(穂高健一著)】 討幕を奥深く読む

広島藩の志士

 

「高間省三」「神機隊」と聴いて広島藩の幕末維新の小説とわかる人は歴史に対してかなりの達人でしょう。維新を考えさせれれ、且つ涙なくして読めない歴史小説です。

討幕の主人公といえば薩長土肥が通説です。そこに尾張も絡んでくるが維新後は影が薄くなります。いっぽう幕軍側も会津を中心とした奥羽越列藩同盟桑名藩、そして新選組あたりまででが一般的な日本人の歴史認識ではなかろうか。その他の藩が討幕時にどのような決断をして時代を生き抜いたのかまでは知らない方も多いと思われます。

 

幕末の勢力はざっくり分けると主に以下の3種に分類できます。

 

続きを読む

【書評:英語化は愚民化】無意識に使っている日本語をよく考えよう

 英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)

 

副題には

〈日本の国力が地に落ちる〉

と記されている本書。

内容は過度な英語化政策への批判です。著者の施光恒氏はイギリスの大学院で修士課程を修了した政治学者です。

言葉は単なるツールではなくツール以上に価値あるものです。言語は人の価値観や思考に一定の影響を与えます。(サピア・ウォーフの仮説)
いっぽうツールとしての英語はグローバルビジネスには欠かせない道具であるのも事実です。IT企業がプログラミング言語を使えなければビジネスにならないのと同様です。

 

実は現在7000近くあるといわれている言語ですが、ユネスコの調査によると、そのうち2500もの言語が消滅の危機にあるとの調査結果が出ています。日本でもアイヌ語琉球諸語の一部含め8言語が危機言語リストに上がっています。また、別の調査では、皮肉にも言語の多様性消失と経済成長は相関性ありとの結果も出ています。

 

やや本題とずれましたが、著者が主張するように英語化は果たして日本の国力を貶める政策なのでしょうか。

 

続きを読む

【書評:共喰い(田中慎弥著)】 はじめて芥川賞作品を読む

読書家と名乗っていながらお恥ずかしいが、恐らく人生で初めて(もしかしたら学生時代に授業で読んだかもしれないが・・・全く記憶には残っていない)芥川賞作品を読了しました。

 

sunuma.hatenadiary.jp

 

芥川賞といえば純文学の短中編から選ばれ直木賞と並び国内最高峰の文学賞です。純文学といえばストーリーではなく作者の芸術的感性に基づいて書かれた作品ともいえます。

今回書評にあげたのは芥川賞受賞時に作者のなんとも媚びない痛快な会見が話題となり、映像化もされた作品です。ご存知のかたも多いことでしょう。

続きを読む