乱読サラリーマンのオリジナル書評

読書は教養を広げる、教養を広げれば、人生も豊かになる。そんな思いでブログを書き続けます!

読書行為を考える

【書評:共喰い(田中慎弥著)】 はじめて芥川賞作品を読む

読書家と名乗っていながらお恥ずかしいが、恐らく人生で初めて(もしかしたら学生時代に授業で読んだかもしれないが・・・全く記憶には残っていない)芥川賞作品を読了しました。 sunuma.hatenadiary.jp 芥川賞といえば純文学の短中編から選ばれ直木賞と並び…

読書の嗜好性

本は幅広い分野を読むと良いという。自分自身でもそれを実践しているつもりでした。自分なりに確実に読まないと決めている本といえばSF小説くらいです。ただ、小説(SF小説以外)を買うときは本屋で棚を眺めながら、感覚で買うことが多い。自分なりにはビジ…

読書は何のため

読書を二つに分けるとこうなる 読後に何かしらの目的のある読書 読書そのものが目的の場合 もう少しかみ砕くと 知りたいことを調べるための読書 漠然として娯楽や趣味としての読書 言い換えると 自覚できる知識・見識が身につく読書 無意識だけど何かしらの…